各バンドでの運用状態(一般例)
これらは実際にワッチして感じたそのままを記載したものであり、
法令で定められているものだけではなく、慣例的に行われている
ケースも含んでいる。
JARL制定(現在は電波法に組み込まれている)バンドプランが大前提である。
http://www.jarl.or.jp/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/A-3-0.htm

1.9MHz帯

3.5MHz帯

7MHz帯

非常通信周波数

CW(7.000-7.030)

Digital(7.025-7.030)

SSB(7.030-7.100)

出没頻度の高い周波数(ワッチ周波数)

10MHz帯

14MHz帯

18MHz帯

21MHz帯

24MHz帯

28MHz帯

CW

SSB/AM

FM

50MHz帯

非常通信周波数

CW DX

国内

ビーコン局

144MHz帯

非常通信周波数

CW

SSB

DIGITAL

FM

実験用

衛星

不法局(トラック、ダンプ)出没周波数

430MHz帯

非常通信周波数

不法局(トラック、ダンプ)出没周波数

1200MHz帯


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-16 (水) 14:24:25