代表的なRIGと特徴

ID-800(実売40K前後)

ID800.jpg

ID-92(実売55K円前後)

id92.jpg

ID-80(実売45K前後)

id80.jpg

リンク

ハードウエアの情報(ID-800)

クローニング(メモリー編集)

クローニングやPCでメモリー編集をする時は、SP端子にケーブルを接続する。
ケーブルは別売りだが自作可能。しかし、編集ソフトは有償でしか存在しない。

DATA端子

ID-800のDATA端子は一般的な6ピンでは無く8ピンが採用されている。
ただし、6ピンとのピン位置と信号線は同一なので、6ピンプラグの四角い棒を折ってしまえば使える。
増えた2ピンはTxDとRxDで、GPSやPCを接続するピンになっている。

ピンアサイン

 ┃Л
  き
  ↓  RIGの尻から見た配置。
1DATA IN
2GND
3PTT
4RS232C OUT
5DATA OUT(9600bps)
6DATA OUT(1200bps)
7RS232C IN
8SQL(Open=5V/Close=GND)

低速データ通信

シンプレックス(直接波)運用

レピーター運用

山かけ(1局のリピーターを使う)

通常のリピーター交信を「山かけ」と言う。

ゾーン内リンク

ゾーンはエリアで区分けされている。
最寄りのリピーターをアクセスし、同一ゾーン内の別のリピーターから声をだす設定。

ゾーン超えリンク

最寄りのリピータをアクセスし、他ゾーン(エリア)のリピーターから声を出す設定。

D-STAR特有の性質

DPRSの運用

IGATEはレピーターのダウンリンクを受信している例が殆どらしい。
しかし、レピーターで頻繁なビーコンを出すのは大迷惑だ。
よって、移動中の頻繁なビーコン送出はシンプレックスで行い、リピーターは
DVモードでの通話と同時に位置情報を重畳するやりかたがベストだと思う。
シンプレックスのIGATE局は少ない。

IGATE局

DPRSのIGATEは片方向動作(RF→IS)のみ。

DPRS-IGATE.jpg
関東エリアのIGATE局。(2009/7/7)

ちょうど町田市のあたりがぽっかり空いているので、ここにIGATEを立てる意味はありそうだ。
しばらくの間、ID-800Dを438.01MHzにセットして、D2APRSを動かしておく。

移動局

GPSを使う時


添付ファイル: fileid92.jpg 1711件 [詳細] fileid80.jpg 1709件 [詳細] fileDPRS-IGATE.jpg 1813件 [詳細] fileID800.jpg 1639件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-24 (金) 13:25:02