MFJ-1026 Deluxe Noise Canceling Signal Enhancer

MFJ-1026-F.jpg MFJ-1026-R.jpg

基本的な使い方

ノイズ受信アンテナ(AUX)の設置

操作方法

  1. AUXアンテナ、MAINアンテナ、トランシーバー、電源を接続する。
    トランシーバーに受信アンテナ端子がある場合は、それを経由するのが良い。
    FT-2000の場合は、MAINアンテナをFT2KのANT-1に、AUXアンテナをMFJのAUX-ANTに、FT2KのRX-OUT(BNC)をMFJのMAIN-ANTに、MFJのRADIOをFT2KのRX-ANTに繋ぐ。この接続であればMFJのT/Rを使わなくて済む。
    外部端子が無いトランシーバーの場合は説明書通りにMAINアンテナに割り込ませる接続になるが、この場合はRIGのSTBY端子(送信時GNDになる)とMFJのT/Rを必ず接続する。
  2. T/R CONTROLを最大値に、POWERスイッチをリリースしてOFFに、AUXILIARY ANTENNA GAINを最小値に設定する。
  3. 7〜12MHzで使用する場合のみFREQスイッチをプッシュロック(HIGH)する。
    7MHz未満ではFREQスイッチをロック解除(LOW)する。
  4. MAIN ANT GAINを最大値にする。
  5. 強くて安定した信号を探して受信する。
  6. MFJのPOWERをONにする。右端の赤LEDが光る。
  7. トランシーバーのSメーターを見て、その値を覚える。
  8. MAIN ANT GAINを減少させてゆき、Sメーターが変化するのを確認しながら最小値に設定する。
  9. AUX ANT GAINを増加させる。聞こえてくるのはAUX ANT(ノイズアンテナ)で受信した信号。
  10. STEP-7で覚えたSメーター値と同じか少し大きくなる位置にAUX ANT GAINを設定する。
  11. Sメーターを見ながらMAIN ANT GAINを増加させてゆき、Sメーター値が変化するところに設定する。
  12. PHASEを調整し、信号強度が最小になるように設定する。もし、最小点(NULL POINT)が出ない場合は、PHASEスイッチを切り替える。
  13. PHASEとMAIN ANT GAINを交互に調整して最良点を探す。

効果

メモ


添付ファイル: fileMFJ-1026.pdf 1273件 [詳細] fileMFJ-1026-R.jpg 2029件 [詳細] fileMFJ-1026-F.jpg 2836件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-09 (月) 09:09:01