正弦波出力のCW練習機。
トランジスタ1個で出来るTwin-T発振回路に、低電圧BTLアンプのNJM2073Dを組み合わせた。
発振回路はFCZ研究所の大久保OM設計の物。LEDで電圧を安定化させているのが特徴。

Twin-T_module.jpg
写真は簡易回路で組んだ例(LEDが無い)。
ボリュームは音量調整用。3V電源だと9時の位置で歪んでしまうが、6Vでは12時位置でも大丈夫。
よって、定数的には良さそうと判断。(つまみ最大以前に歪むようにするのをボリュームマージンと言います)

Tips

回路図

Wtin-T_Sine_Wave_OSC.jpg


添付ファイル: fileWtin-T_Sine_Wave_OSC.jpg 1787件 [詳細] fileTwin-T_module.jpg 1511件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-20 (金) 15:31:47