XPERIA SXのroot化

v137にUpdateしたSXも、ワンクリックroot化ができるようになった。
http://cubeundcube.blogspot.jp/2013/04/xperia-gx-so-04d-sx-so-05d70d1137root.html?m=1

root化手順

  1. PCにAndroid SDKをインストールし、adb shellが使えるようにしておく。
  2. SkyDriveよりroot化キットを入手 http://sdrv.ms/151o3Tz
  3. 端末の設定で、「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」にチェックを入れておく。
  4. 作業PCと端末をUSBでつなぐ。
  5. rootkitGXSX_1_137.zipを展開、中にある「install.bat」をダブルクリックして実行。
  6. しばらくすると端末が「完全復元」の画面になるので、右下の「データを復元する」をタップ。
    パスワードは不要です。
  7. 端末側で「復元が終了しました」とメッセージが出たら、PC側で何かキーを押す。
  8. 端末側に英語のメニューが表示されるので、「Service tests」をタップ。
  9. 続けて「Display」をタップ。
    すぐに反応は無いが、数秒待つと端末が真っ白な画面になる。
  10. 端末の電源キーを数回押して、画面の消灯・点灯を繰り返す。
    (この操作をしなくても次の処理が進むこともありますので、PC側の様子には注目しておいてください。)
    そのうちPC側で「一時的に〜」と表示され始めたらOK、電源キーを押すのをやめる。
  11. あとは自動的に処理が進み、端末が再起動され、PC側で「完了しました」と出れば完了。

MVNO SIMでのテザリングを有効化する

設定ファイルの編集(第1段階)

  1. GooglePlayからESファイルエクスプローラをインストールしておく。
  2. ESファイルエクスプローラで全ディレクトリをR/W可能に設定
  3. 「/system/etc/customization/settings/com/android/settings」を開く
  4. 「custom_settings.xml」を編集

設定ファイルをDBに反映させる(DBの直接編集ができるならそちらがお勧め)

  1. Titanium Backupでシステム+アプリを外部SDにバックアップ
  2. 再起動して、「設定>バックアップとリセット>データの初期化」
    これで、変更したxmlがdbに反映する。(SQLightでDBを編集しても良いが、DBを読み込めなかったので出来なかった)
  3. 「/system/settings.db」を外部SDにバックアップ。
    編集後のcustom_settings.xmlを反映したdbをリストアから守るため
  4. Titanium Backupでリストア
  5. 「/system/settings.db」をリストア

カメラの無音化

  1. 「/system/build.prop」をESファイルエクスプローラで開く。
  2. 1行編集

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-01 (水) 19:12:15