HPA_FIG.JPG

基本構成

  • HPAはOP-AMP(4558)に2SC1815+2SA1015のSEPPバッファ
  • トーンコントロールはTA7630PGを使った千石のキット

ヘッドフォンアンプ部

HPA_PCB.JPG 中央にでっかいケミコンをおごってみた。

回路

HPA_SCH.gif

OP-AMPにはNJM4558DDを採用した。低雑音タイプのランクDD(最高はランクDDDD)は
手持ちにあったからで、特に深い意味は無い。
ここにLM358に差し替えすると、クロスオーバーひずみが発生する。LM358のアプリ
ケーションノートを参照すると、オーディオで使用する場合は内部のバーチカルPNPに
電流を流してA級動作にしてやる必要があるとのこと。OUT端子〜GNDに6.2kを接続する
ことが推奨されている。LM358は消費電力を低減させるため出力バッファ部の動作と
して、小信号ではA級、大信号ではB級動作になると書いてあった。

この回路では、出力ショートをすると純粋な容量性負荷状態になるので発振する。
ヘッドフォンの抜き差し時に発振する可能性が高く、実際に発振状態を確認している。
直列に抵抗を入れる等の対策をした方が良いだろう。(ダンピングファクタは落ちる)

ユニバーサル基板での実装例

(準備ができたら載せます)

トーンコントロール部

TONE_PCB.JPG

CR帰還型のトーンコントロール回路を組もうと思ったが、高価な2連ボリュームが必要
だったりと部品点数は思いのほか増えてしまう。
千石電商でTA7630PGを採用した電子ボリュームのキットが売られていたので採用した。
このキットはICにコントロール電圧を与えるだけで良く、2連ボリュームは必要ない。
コントロールラインは電圧のみなので、シールド線も必要ない。
基板、部品、ボリューム4個のセットで1380円だった。ただし、このキットは±電源で
動作させることを基本としているため、単電源で動かすには1.5kの抵抗を2本別に用意
する必要がある。

基本仕様

  • 電源電圧
    ±4〜7Vまたは、+8〜14V
  • コントロール
    VOLUME、BALANCE、BASS、TREBLE
  • トーン可変範囲
    BASS:±12dB、TREBLE:±12dB

TONE_F-RESP.gif


添付ファイル: fileTA7630PG.pdf 747件 [詳細] fileTONE_F-RESP.gif 1207件 [詳細] fileTONE_PCB.JPG 1249件 [詳細] fileHPA_SCH.gif 1366件 [詳細] fileHPA_PCB.JPG 1196件 [詳細] fileHPA_FIG.JPG 1204件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-04 (水) 11:15:49 (3816d)