中心となるのは「1KHz AFフィルター」

アマチュア無線応援団「キャリブレーション」より発売されているキットNo.520を使用しました。
LCバタワース3次ローパスフィルターにAFアンプを組み合わせた物で、CWだけでなくSSBでも
効果的だという話を聞いて、まずはキットを取り寄せました。
単にフィルターを作っただけでは面白くないので、手持ち部品を活用し、プラケースに組みました。
さらに、スイッチOFFでスルーになるようにしたり、PCに繋ぐためのスルーアウトを付けたりと、
いくつかの工夫を盛り込みました。

キットの入手先

組み立ての様子

キットを外袋から出したところ

IMG_2_2054.jpg

キットの部品一覧

IMG_2_2057.jpg

基板上の部品だけかと思ったら、電池ボックス(単4用)、スイッチ、3.5φジャック、配線材まで付いていました。

キットの組み立て完了

IMG_2_2095.jpg

ここで基板単体で動作チェックをします。

キット以外に使った部品

IMG_2_2099.jpg

  • ケース(秋月)
  • 入力に使う3.5φプラグ付きコード(ダイソーのイヤホン延長ケーブル)
  • スピーカー(50φのジャンク)
  • 2回路6Pトグルスイッチ(電源とスルー動作を1つで切り替えたかったので付属のは使わない)
  • LEDと1KΩ抵抗(ここには写っていませんが、電源ON表示に後から追加しました)

付属の3.5φジャックは、イヤホン出力とスルー出力に使います。
入力はプラグ付きケーブルで直接引き出します。繋ぐ予定のFT-690mk2は側面にSPジャックがあるので、
L型プラグがレイアウト上便利です。

スピーカーの穴開けは、パソコンで型紙を作って行う

IMG_2_2101.jpg

完成

写真はちょっと待ってね。
SPの穴がいまいち綺麗じゃない・・・ ぶ〜

使ってみた感想

現在実践評価中!。

  • 確かにCWのQRMがすっきりする。
    でも、すぐ近くに強力な局がいると抑圧されてしまうのは、IFフィルターには敵わない感じ。
  • SSBも上に出ている甲高い音が軽減されて聞きやすくなる。
    音はソフトで疲れない。でも、ちょっとこもりぎみなので、軽くローカットしたほうが聞きやすいかも。
  • ON/OFFの音量差が大きいなぁ。レベル調整するか。
  • もうちょっと中心点が上にあったほうがいいかも。(CWのトーンが600Hz強でピークになる)
    これは部品の偏差による物でしょうね。これも調整すっかな。

添付ファイル: fileIMG_2_2101.jpg 1279件 [詳細] fileIMG_2_2099.jpg 1143件 [詳細] fileIMG_2_2095.jpg 1129件 [詳細] fileIMG_2_2057.jpg 1225件 [詳細] fileIMG_2_2054.jpg 1272件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-26 (木) 20:12:11 (4375d)