KEM-RX7_SIZE.jpg

概要

貴田電子設計のキットKEM-RX7を使い、秋月の一番小さなアクリルケースに組み込みました。

構成

  • 受信機本体
    KEM-RX7
  • 電源
    006P 9V(昔のラジオに良く使われていた四角い電池)
  • IFの狭帯域化
    CFを付属の±15KHz仕様から±3KHz仕様のものに交換
  • アッテネータ
    連続可変から、スイッチON/OFFによる固定ATT切り替えに変更
  • AF出力
    ステレオイヤホン対応(モノラルタイプもそのまま挿せる)
  • アンテナ入力
    BNCジャック(ちょっとしたこだわり)
  • ケース
    秋月のSK-5(外寸:90×70×24)

製作のポイント

  • ボリュームに付属のものを使用すると、電池が基板と干渉します。つまり、ケースの内寸がわずかに足りません。基板を前後共0.5mm程ヤスリで削りました。
  • 基板の固定は厚手の両面テープ。底面にねじ穴を開けたくなかったので。
  • CFは付属のものと±3KHzのモノでは雲泥の差です。できればもっと狭いほうが良いですが、セラミックでは3KHzが限界でしょう。
  • 電源にマンガン電池を使うとAF段が発振気味になりました。付属の追加コンデンサ100uFではちょっと不足気味だったので、300uFを4558の電源ピンに直付けしました。
  • ステレオイヤホンに対応させたかったので、L/Rともに22Ωの抵抗をシリーズに挿入し、KEM-RX7のAF出力にまとめて繋ぎます。抵抗を入れておけば、モノラルプラグを挿されてもショートしないので音がちゃんと出ます。
  • ATTはパイ型とかにこだわる必要は無いです。この程度の受信機はいい加減で問題なし。
  • 3端子REGを使って5V供給をしています。

作って感じたこと

  • タバコサイズはFB! TH-F7を持っていくより軽い。VX-3はCW/SSBが聞けない。
  • アンテナコネクタは前面にあったほうが良いかも。でも、背面にしか場所が空いてなかった。FINEつまみをなくせば入るけど・・・ FINEはCWを聞くときに便利です。
  • パイロットランプは付けておきたい。イヤホン専用なので切り忘れがありそうです。
  • ケースを塗装したい

フォトギャラリー

基板を組み込む前のケース

40mRadioCase.jpg
基板は前後方向ギリギリ。VRの背と電池の寸法誤差で入らなくなるので、基板は前後を
0.5mmずつ削ってあります。パターンギリギリまで削りました。

異ピッチのセラミックフィルタ

KEM-RX7_CF.JPG
±3KHzのセラフィル。CW用にはこれでもきついが、標準添付品とは雲泥の差。

TUNE範囲を狭める

KEM-RX7_TUNE.JPG
6.8Kと2.2KをVRの両端に追加。これで6995〜7110位のTUNE範囲になります。
標準状態ではかなり広いので、サブTUNEがあってもクリチカルできついです。

5Vレギュレータ

KEM-RX7_REG.JPG
低損失型REGを使用しています。低損失型なら電池電圧5.5Vくらいまで使えます。

切り替え式ATT

KEM-RX7_ATT.JPG
10Kと1Kの20dB ATT。インピーダンスマッチングは無視。
ATT-OFFは10KをSWでショートするだけ。
ホイップアンテナや数mのワイヤーをつなげるだけならATT無しでもなんとか聞こえますが、
7MHz用アンテナをつないだり、深夜になるとBCカブリが強くてNGです。ATTは必須。

AF段発振対策の追加ケミコン

KEM-RX7_AFCAP.JPG
付属の追加用100μFでは容量不足だった。マンガン電池だからだとおもう。

前面パネルを裏から

KEM-RX7_FRONTBACK.JPG
蓋に当たるので、VRの足はカットしてあります。手早く半田しないとVRが熱破壊します。


添付ファイル: fileKEM-RX7_TUNE.JPG 1060件 [詳細] fileKEM-RX7_SIZE.jpg 1102件 [詳細] fileKEM-RX7_REG.JPG 1020件 [詳細] fileKEM-RX7_FRONTBACK.JPG 1008件 [詳細] fileKEM-RX7_CF.JPG 1010件 [詳細] fileKEM-RX7_ATT.JPG 1021件 [詳細] fileKEM-RX7_AFCAP.JPG 1028件 [詳細] file40mRadioCase.jpg 1041件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-03-31 (月) 13:53:02 (4126d)