アクセスカウンター(2006/9/10から) 本日:2 昨日:0 トータル:11765

ショートカットメニュー

開発計画 | ディスプレイイメージ | ブロック図 | 回路図 | マウント図 | ファームウエア | 進捗 | BBS

お知らせ

公私共に多忙につき、開発は少々遅延気味。
気長にやってますので、みなさんも気長に楽しみましょう。
落ち着いたらPICファームの開発を再開します。

BWTrack (BWTrack is Beacon Watcher with Tracker. It's JAPRSX Version)

DSCF0080s.jpg

RadioTec?のDTRACK(Display Tracker)プロジェクトがペンディングになってしまったので、
極々簡単な表示付きAPRS TRACKERを企画してみました。
なんの事はなく、全てありものの寄せ集め、つまり編集設計です。

とりあえずα版がうまく動いたら、次はβ版としてPIC LCD内でテキスト編集を行ってCALLサインと
メッセージのみLCDに流す、最終的にはPIC TNC内にPIC LCDを内蔵することを検討します。

ただし、私はソフトウエアスキルが低いので、JAPRSX各局の協力が不可欠です。
PICのアセンブラに自信が有る方、素養が有る方、是非ともお助けください。
開発のメインはLCD表示部分です。ここをいかに見やすく作るかがポイント!

ところで、随所にプロジェクトなんて書いてますが、これは本家DTRACKプロジェクトとは 全く関係なく、
私一人で好き勝手にやってるものです。なので、プロジェクトとは言ってもチームになってない
一人プロジェクト」です。
※後方支援、協力者はJAPRSXの皆さんです。お世話になってます。m(_ _)m

de JQ1BWT <jq1bwt@jarl.com>

★What's New!

  • プロトタイプ用ファームウエアを限定公開しました。 2006.10.18
    • 関係者にはメール送信済みです
  • PIC16F84の入手性について、進捗に報告をしました。 2006.9.25

仕様

  • 受信部
    • MX614+PIC16F628のパケットデコーダー(Rx208)
    • PIC16F84のディスプレイプロセッサー
    • 上記の組み合わせで、APRSビーコンの緯度経度とメッセージを20字×4行のLCDに表示する
    • IGATE経由のパケットでも、きちんと送信者CALLが表示される
    • 受信データはRS-232Cにも出力されるので、簡易TNCとしても使用可能(受信のみ)
  • 送信部
    • PIC16F84のTinyTrack?
    • スマートビーコン(移動速度に応じたビーコン送出間隔の最適化)に対応
    • 送信メッセージはPCで設定するため、PCナシ環境では変更できません
  • 共通
    • 基板サイズは100x150mm
    • 乾電池による長時間駆動
    • 専用プリント基板、汎用PICマイコン、汎用LCDを採用した、入手しやすい部品構成

キーデバイス

  • MX614(モデム)
    • TAPRから購入(現地価格は$6)
  • PIC16F628A(パケットデコーダー:Rx206)
    • チップは秋月で入手可能(@200円)
  • PIC16F84(LCDドライバ、キャラクタ処理)
    • チップは秋月で入手可能(300円)
  • SC2004CS-B(20字x4行キャラクタ表示LCD)
    • 秋月で入手可能(バックライト無し:@1500円、バックライト付き:@2000円)
  • 3.579545MHz(3.58MHz)水晶振動子または、同セラミック振動子
    • 千石の地下で入手可能
    • 秋月でも扱い開始したようです(10個で500円)
  • 専用プリント基板
    • プロトタイプはJQ1BWTが設計、製作。手作りです!

開発計画

  • 原理試作(ALPHA)がうまくいったら、ベータテスターを募ってプリント基板を起こす
  • 原理試作(ALPHA)がうまくいったら、ユニバーサル基板で持ち出せる形にまとめる
  • 面倒になってきたので、一気に基板を起します!(手作りだけどね)
  • 動作が安定してきたら、専用基板と部品をセットにしSDK/HDKとして頒布する
    • 実費負担でキットを入手するか、全てスクラッチで組んでもらう
  • 回路図、マウント図(参考部品配置)は公開する
  • PICへの書き込みサポートはJQ1BWTが行う
  • JAPRSX内で開発したファームウエア、ハードウエアは全てGPLとする
  • スケジュール(青:済み、赤:これから)
    • ?/?? 企画立案
    • 8/14 開発開始
    • 8/26 ブレッドボードでの実験開始
    • 8/E 回路図、パターン図
    • 9/9 プリント基板作成
    • 9/23 ハードウエアデバッグ完了
    • 9/24 配布用プリント基板の追加作成
    • 9/E プロト基板の頒布
    • 10/E DISPチップのファーム完成

ディスプレイイメージ

JQ1BWT-9>APU25N
3534.67N/13929.86E
TOKYOMachida-cityJ
APRSXMember{UIV32N}

20字×4行のLCDを使用した例。

1行目:送信局CALLと宛先CALL(ナビトラだったらGPS)。
2行目:緯度/経度
3行目:メッセージ
4行目:メッセージ(3行目の続き)

4行目のメッセージがオーバーフローしたら、表示をどうするかは検討中。
今のところは暫定的に3行目を上書きしていく状態。
でも、全てのAPRSパケットに正しく対応できるかはわからないです。

あくまでもイメージです。できたらこうしたいなぁっていう願望。
ちょっと実験した限りでは、LCDは16x2では厳しく、最低でも20x4は欲しい印象。
他局のメッセーを手軽に見れるのが最大の目標ですから!

16x2 LCDへの対応は、20x4 LCDがうまくいったら表示シュリンクした形での検討に
したいと思います。ただし、CALLとメッセージ(尻切れになる)のみが精一杯でしょう。
注意:20x4と16x2は電源ピンの極性が逆になっています。そのまま差し替えると壊れます!


テキスト処理のイメージ。20字×3行表示(JH4XSY/1)

表示例1 - DF Report Format — without Timestamp

JK1GDF-3>APU25N,JO1ZXU-1*:!3609.87N/13912.06E# UIDIGI 1.9B3 on TEST {jk1gdf@jarl.com}
--->
JK1GDF-3>APU25N
3609.87N/13912.06E
 UIDIGI 1.9B3 on TES

バイナリ(Compressed)形式は表示例5のように表示すべき!だ

JH4XSY>APX185,JJ1IUK*,WIDE:=/<C/-qlHqx{>CXASTIR-openSUSE
--->
JH4XSY>APX185
/<C/-qlH/x{>CXASTI
-openSUSE

表示例2 - DF Report Format — with Timestamp

JF1AJE-9>APU25N,JO1ZTN*,WIDE:@170224z3543.89N/13934.04E>164/000/A=000589 _Mobile JAPAN w/PC {UIV32N}
--->
JF1AJE-9>APU25N
3543.89N/13934.04E
164/000/A=000589 _Mo

表示例3 - STATUS REPORT

JF1AJE-3>APNU19,JO1ZXU-1*:>This is Digipeater on 144.64MHz in Tokyo. Operator in not here.   L
--->
JF1AJE-3>APNU19
        /
This is Digipeater o

表示例4 - Third-Party Data

JF1AJE-4>APU25N,JO1ZXU-1*:}CT2IWF>APU16N,TCPIP,JF1AJE-4*:=3926.91N/00811.10W-JOAO PINTO ( ABRANTES ) {UIV23}
--->
}CT2IWF>APU16N
3926.91N/00811.10W
JOAO PINTO ( ABRANTE

表示例5 - その他

バイナリ形式(MIC-E)のデコードはパス!

JH1LVN-7>S5UVU5,JO1ZXU-1*,JF1AJE-13:`CS5l #-/"4!}TinyTrakII with HT. Masa / Noda city.
-->
JH1LVN-7>S5UVU5
        /
`CS5l #-/"4!}TinyTra

メッセージもそれなり に表示

JA1RBY-9>APK101,JO1ZTN*,WIDE::JE1IGN   :tnx{M
--> 
JA1RBY-9>APK101
        /
:JE1IGN   :tnx{M

ナビトラも表示

JO1ZTN>GPS:$PNTS,1,0,11,01,2002,231932,3539.687,N,13944.480,E,0,000,5,Roppongi UID RELAY,000,1*35
-->
JO1ZTN>GPS
        /
$PNTS,1,0,11,01,2002

ブロック図

(Rx AUDIO)[MODEM(MX614)][Rx208(16F628A)][DISP(16F84)][LCD(20x4)]
(RS-232C)
(Tx AUDIO)[TinyTrack?(16F84)](GPS)

回路図

PROTOTYPEとしてFIXします。

  • Display section
  • Beacon section
    • fileBWTrack_SCHEMATIC-P2_TX.pdf 2006/9/10 Updated
    • S1/S2の説明
      • S1がビーコン送信制御の切り替え(OFF:FIXED, ON:SMART)
      • S2がビーコン送出間隔の切り替え(OFF:SLOW 60度, ON:FAST 40度)
      • TTは曲がった事を検出してビーコン送信する機能があります。その角度も変えられます。
        モービル運用時はON/ONが良いでしょうが、定時送出間隔を90秒→120秒にしたほうがFBです。

パターン図

PROTOTYPEとしてFIXします。ただし、頒布用基板は修正の可能性があります。

  • サンハヤトの感光基板での適合は以下の通り。
    • 12K (FR-1 紙フェノール) @515円
    • 43K (CEM-3 ガラスコンポジット) @704円
    • 33K (FR-4 ガラスエポキシ) @935円

マウント図

  • fileBWTrack_MNT.pdf 2006/9/18 01:35 Updated
  • PROTOTYPE FIXします。
  • 青い線はA面ジャンパーです。

ファームウエア

  • Rx206(PIC16F628A パケットデコーダー)
    • ソース:限定公開中
    • バイナリ:限定公開中
  • DISP(PIC16F88 LCDインタフェース)
    • ソース:限定公開中
    • バイナリ:限定公開中

プロトタイプではファームウエアの一般公開はしません。
プロトタイプの評価検討協力者にのみ、配布ディレクトリを公開します。

ご自身で(基板も作成して)プロトタイプの実験を行いたい方は、メールにて連絡を下さい。
基板パターンデータ(PCB-E)を含め、必要な情報を提供します。

プロトタイプキット頒布のお知らせ

予定数に達しましたので、締め切らせて頂きます。m(_ _)m

感光基板を使用して、手作りで専用基板を作成します。
手作りゆえ数に限りがありますゆえ、プロジェクトにご協力いただける若干名限定です。
手持ち数量の関係で、プロトは2〜3名しか対応できないと思います。
頒布内容は次の通りです。

  • 穴あけ加工済み専用プリント基板(100x150mm)
    • 材料費500円(基板代、薬品代、版下フィルム代を含みます)
  • プログラム済みPICマイコン(Rx206)
    • PIC16F628A
    • パケットデコーダー
    • 材料費200円
  • プログラム済みPICマイコン(DISP)
    • PIC16F84または84A
    • 材料費300円
  • プログラム済みPICマイコンTinyTrack?
    • PIC16F84または84A
    • 材料費300円

基本的に、ご自分でPICマイコンの焼きこみができる方(PIC Writer所有者)が対象です。
DISPチップは開発中で、お渡しする時点で動作を保証することはできません。
逆に、この部分の開発をお手伝いいただきたいと思っています。
材料費は入手時の実費です(端数だけ丸めている程度)。
ただし、基板作成にまつわる工具薬品類は新たに揃えますので、端数繰上げ等でのカンパは歓迎します。(もちろん、任意です)

どこかのプロジェクトのように、お金だけ先に集めることはしません。
発送が完了してから、後で代金を送って頂く予定です。

頒布は完了しました。(2006/10/10)

資料

進捗

過去の進捗記録

2006/10/10

  • プロトタイプの頒布完了
  • PICのファームウエアは公開準備中

2006/10/5

  • 3.579545MHz XTALの負荷容量
    秋月で買ったXTALの推奨負荷容量は15pFです。回路図では22PFになっていますが、
    ここは15pFにあわせたほうがデコード率が上がると思います。
    誤差は別途確認します。(オシロを新調したので周波数も測れるのだ!)

2006/10/3

  • 84と84Aのバイナリ互換性について
    • 無印84用に書いたHEXをそのまま84A焼いてみたところ、TTもDISPも普通に動作しました。
    • ただし、タイミングとかの細かい問題はありそうな気がするので、TTは無印84を推奨します。

2006/10/2

  • 部品手配(追加分)
    • 20x4 LCDモジュール(バックライト内蔵) @2000円
    • 3.579545MHz水晶(負荷容量は15pFです) @50円
    • PIC16F628A @200円(予備)
    • PIC16F84A @300円(予備)
  • 以上を別の注文に混ぜて出しました。明後日あたりに到着する予定。

外部リンク

PIC 16x84の基礎 初心者はPIC 16x84および電子工学のために導く。

BBS

SPAMMERに見つかったので一時停止します。


添付ファイル: fileAPRS101.zip 1596件 [詳細] fileDSCF0080s.jpg 1523件 [詳細] fileBWTrack_MNT.pdf 1694件 [詳細] fileBWTrack_SCHEMATIC-P2_TX.pdf 1777件 [詳細] fileBWTrack_SCHEMATIC-P1_RX.pdf 2115件 [詳細] fileBWTrack_PWB.pdf 1989件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-07-26 (木) 20:10:59 (3923d)