BerrySynthに関するメモ

公式ページ

私のセットアップ環境

  • RasPi2
  • CPUをPerformanceモードにした
  • BaffaloのUSB-WiFi?ドングルを付けてWiFi? AP化
  • dhcpdをwlan0に対して動かしている
  • USB-DACは秋月のPCM2704を使用した物を採用
  • EWI-USBまたはEWI-4000s+UM-ONEmk2

操作関係

起動手順(v1.0r15)

  1. RasPi2の電源を入れて起動を待つ
  2. Webブラウザでコンパネを出す
  3. Menu→(re)Start BerrySynthを実行する
  4. 15秒程度待って、ブラウザをリロードする
    Bank-0のProgram-0が自動ロードされる
  5. 好みのBank、Programをloadする

音色メモリーの仕方

  1. ベースとなるプリセットをloadする
  2. 音色をエディットする
  3. メモリーしたいBankとProgram番号を選ぶ
  4. saveをクリックして、音色名を付けてOKする

FXの機能説明

  • STEREOツマミ
    • MONO:WET音のパン
    • L→RまたはR→L:左右にパンする量(広がり量)
    • STEREO:左右への広がり量

ModurationパートのInterpolationスイッチ

補間機能のON/OFF
補間をONにすると、ブレス等の数値を補間処理して滑らかになる。
ただし、CPUパワーを喰うようになるので、音切れやノイズが出る場合はOFFにしてみる。

ハードウエア関係

USB-DAC

  • Burr Brownのチップを使用した物はとても安定している
    秋月のキット( http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05369/ )をRasPi2の空きスペースに内蔵した。
  • Roland UA-1Gは安定している(ノーマルモード)
  • Sound Blaster製品は安定度がイマイチ
    SB-PLAY2は突然音が出なくなる。
    SB-XFI-GPR2はマアマアだが、BBには負ける。

USB-MIDI

  • EWI-USBを使うのが基本
  • Roland UM-ONEmk2は安定動作
  • 500円くらいで売ってるUSB-MIDIはデバイス名の扱いに癖がある
    「USB2.0-MIDI」と記載してもダメで、デバイス番号で指定すると動く。

デバッグ関係

RasPi2のUARTにTeraTerm?で繋いでおくと便利

Linux起動の様子がわかり、loginしておけばBerrySynthのメッセージも見れる。
rebootしてもsshの用に切れてしまわないので繋ぎっぱなしにできる。
このケーブル( http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-05840/ )が便利。

仕様の要望

  • Fx追加【OK】
  • GLIDEの追加【OK、評価中】
  • Optionボードの追加対応
    • Program切り替え(Up/Dn)ボタン【対応予定】
    • I2CキャラクタLCD接続【対応予定】

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-10-10 (土) 02:22:13 (1017d)