欧文、和文に対応し、オートモードでは速度も自動追従するCWデコーダを製作した。
MFJやASAPのCWデコーダは有名だが結構なお値段がするので、PICで自作した例を探して
さまよっていて見つけた。このCW符号解析アルゴリズムがとても面白い。興味のある方は
作者のWebにある解説を読みながら、PICのASMソースを眺めると良いだろう。

元ネタはこちら。 http://www.saturn.dti.ne.jp/~khr3887/cwencode.html

元ネタから定数と回路を若干いじった。
まずは入力にVRを付けて、レベル調整ができるようにした。これにより、40m帯ノイズの
誤動作をほとんど受けないように調整できるようになった。
レベル変換が4001(4000シリーズのNORゲート)だったのを、74HC14(CMOS シュミット
トリガインバータ)に変更。ノイズに強くなる期待をこめてシュミットトリガを採用。
最後にトーンデコーダ567(セカンドソースのJRC製NJM567D)の定数を変え、ロックレンジを
広くして±50Hz程度に、LPFを標準値にした。元のバンド幅は±30Hz程度だった。
その他、5Vレギュレータを低損失型にして6V入力に対応、モニター回路削除(RIGのDATA
端子に繋ぐので不要)など。

IMG_5911.JPG
ブレッドボードで実験。20字×4行LCDで開始。
右下のICは74HC14で、光センサーからの信号をシャッキリさせてLOGICレベルに
変換している。

IMG_5910.JPG
トーンデコーダICが無いので、こんな感じでRIGのCW-Tインジケーターから信号を
もらって波形整形してPICに入れた。
LCDに表示している文字は、サブRIGからの送信を受信してデコードさせた。

IMG_5945.JPG
ユニバーサル基板に組んで、まずはこんな感じ。
持ち運びを考慮してLCDは16字×2行にした。

このあとトーンデコーダNJM567を組み込んでAF入力対応し、ケースに組み込むため
VRを下駄上げするサブ基板を作成。

プッシュボタンの延長ポストの加工が終わっていないので、完成写真は後日。
ケースサイズの関係で電池が入らないので、電池は外付けで単3を4本接続とした。
LCDのバックライトにSWを付けて、消費電流にも気を使った。
1日移動なら9V積層電池も可。

完成

CWDEC_F1.jpg
パネルは手抜きで白い紙に印刷したものを貼っただけ。
実用重視。

CWDEC_F2.jpg
内部写真。
殆どの部品はLCDの下に隠れている。
タクトスイッチはダボで延長。ダボは高さが変えられる棚の棚板をとめるのに使う木の棒。

電池は外付けで、短3電池を4本使ってます。
不恰好ですが、立てて使うときは重しになってくれるので安定します。

CWDEC_MIC.jpg
これが内蔵したマイク。
小さな穴の向こう側にある銀色の四角いヤツ。秋月で売っているシリコンマイクで、内部に20dBのプリアンプが内蔵されている。

使用例

T1-CWD-817.jpg 左からElecraftのATU「T1」、真ん中が「CWデコーダ」、右が「FT-817」

回路図(オリジナルからアレンジ)

CWDEC_SCH.jpg


添付ファイル: fileCWDEC_SCH.jpg 2280件 [詳細] fileCWDEC_MIC.jpg 1391件 [詳細] fileCWDEC_F2.jpg 1226件 [詳細] fileCWDEC_F1.jpg 1259件 [詳細] fileT1-CWD-817.jpg 1419件 [詳細] fileIMG_5910.JPG 1311件 [詳細] fileIMG_5911.JPG 1393件 [詳細] fileIMG_5945.JPG 1274件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-09-12 (水) 14:59:57 (4269d)