秋月のACアダプタを改造する

gfp451da-1238.jpg

45W級スリムACアダプタ 12V 3.8A(入力AC100〜240V)
通販コード「M-936」 1,500円

このACアダプタは、内部が割としっかりシールドされていてノイズが少ない。
余談だが、この下のクラスはノイズが多く、サイズが小さいほどノイズも酷い。
上のクラスは試していないので不明。(3Aあれば用を足すため)

なお、内蔵電池のための充電専用と割り切るのであれば、通販コード「M-812」の
12V/1Aを改造したものが便利だ。これも定数変更で13V程度に改造したほうが良い。
ノイズが多く容量も小さいため運用には使えない。

12V→13.8V改造

FT-817は外部電源の電圧が12V以上ないと充電モードにならない。
また、11V程度になると内蔵電池と判断し、出力が5Wから2.5Wに切り替わってしまう。
ACアダプタにも電圧バラツキ(個体差)があるため、買ってきたままだと不安定な場合がある。
よって、電圧を上げる改造を施す。

ケースの開け方、閉め方

ケースは数か所の爪で超音波接着されている。
隙間にマイナスドライバを差し込みながら、割らないようにパキパキと開いていく。
閉じるときはアロンアルファで接着してしまえばよい。

改造ポイント

電圧設定抵抗はハンダ面にある。

13r8.jpg 8.65K→10Kに変更する。(14Vくらいになる)
今回は14.1Vになったので、4.7Kチップを2個直列にしてみたら13.2Vになった。

電圧を上げた分取り出せる電流は減るが、5W送信が十分できる容量は確保できる。

さらなるノイズ対策

7MHz以下のローバンドではACアダプタから発生するノイズが気になる。
ACアダプタをFT-817につないだ瞬間にノイズレベルが上がるのがわかる。
ノイズ輻射の多くは、ACケーブルとDCケーブルから発生している。
DCケーブルの方が強力なので、まずはDC側に対策を施す。

方法1

アダプタ本体の根元近くで、10cm長のフェライトバーにケーブルを巻けるだけ巻く。

方法2

方法1と同様に、トロイダルコア(FT114-77がベスト)にキャンセル巻きする。
43材でもかまわないが、77材の方が効果が高い。

結局の所・・・

方法2を採用。FT-114-43トロイダルに、DCケーブルを巻けるだけキャンセル巻きした。
場所はACアダプタ本体のすぐ根本。AC側は未処理。
これでほぼOKだが、ACアダプタ本体に手を重ねるとノイズが増えるのが判るため、
ノイズ吸収シート(北川工業 MGシリーズ t0.5)を海苔巻き状に1周巻き付けた。
これでACアダプタ本体に触れても大丈夫になった。

おまけ(WILLCOM D4用)

11r0.jpg これで11Vになる。6.8Kと1Kの直列。

D4の消費電流

  • パフォーマンス、バッテリー充電中、動画再生中
    11Vで約1.5A
  • スリープ、バッテリー充電中
    11Vで約0.6A

添付ファイル: file11r0.jpg 1168件 [詳細] file13r8.jpg 1408件 [詳細] filegfp451da-1238.jpg 1223件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-13 (木) 11:44:50 (3841d)