受信改造、送信改造(新バンドプラン対応)

改造ポイント

上面パネルを外す。SPの配線に注意(コネクタを抜く)
前方左側に改造ポイントがある。
一番手前が受信改造、2番目が送信改造。
チップを外したらリセット(F + V/M + 電源ON)する。

改造前

FT857D_MOD_B4.jpg

すでにショップ出荷時に受信改造してあるので、一番手前は付いていない。

改造後

FT857D_MOD_Aft.jpg

手前から1個目と2個目が外れた状態。
小手先にハンダを盛っておき、外すチップを半田に浸けてしまう感覚でやると簡単です。
チップは接着されていないので、そのまま小手先に吸い付いてきます。

7100台での送信OK

FT857D_MOD_Aft_Tx.jpg

注意事項

この改造をユーザが行うと技術基準適合機種では無くなります。
TSSの保証認定対象となりますので、技適で登録してある場合は注意してください。
※関東総通に確認済

メーカー改造の場合は、そのメーカーが技適申請した時の内容によります。
したがって、技適を保持したい場合はメーカー改造を依頼し、技適を外れないかの確認が必要です。

当局のRIGはほぼ全て改造または付属装置、付加装置が付いているので技適じゃなくなっています。


添付ファイル: fileFT857D_MOD_B4.jpg 461件 [詳細] fileFT857D_MOD_Aft_Tx.jpg 2453件 [詳細] fileFT857D_MOD_Aft.jpg 2802件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-05-26 (火) 15:43:47 (3705d)