製品の特徴(メーカー資料より)

  • 1.9〜430MHzまでをオールモードでカバーしたベース・モービル・フィールド全運用形態対応トランシーバー。
  • 内蔵タイプの大容量13.2V 4,500mAh ニッケル水素バッテリーにより、20W(430MHz 10W)の送信出力を実現。最大2個内蔵可能。運用時間は1個で約4時間(送信出力20W、SSB運用、送信5/受信5/待ち受け90)。
  • 電源を内蔵しても200W×80H×230Dmm(突起物をのぞく)。大型キャリーハンドルで持ち運びもラク。
  • DC13.8Vの外部電源端子を背面に用意。そのままモービル機としての運用も。
  • ワンタッチ操作で自動的にアンテナのチューニングができるオプションのATAS‐120Aを使用すれば、簡単に7〜430MHzのモービル運用が楽しめます。
  • 本体下部の電源トレイに、オプションのスィッチング電源FP-30を内蔵することにより、オールインワンタイプの本格ベースステーションに変身。FP‐30 AC100V〜120V/AC200〜240Vに対応。
  • 専用オプションとしてリレー切り換えタイプの高速チューニングアンテナチューナーFC-30を開発。モーター駆動型に比べ消費電力を抑えながら、瞬時にチューニングが可能。
  • 高安定温度補償水晶発振器 TCXO-9を実装。

FT-897とFT-897Dの違い

FT-897FT-897D
TCXO別売り標準装備
AF DSP別売り標準装備
フロントエンド ルーフィング フィルターモノポール2ポール
内蔵スピーカー標準ヨーク大型ヨーク
DTMFマイク対応要改造標準対応

受信改造

トップパネルを開け、CPU左側に並んだジャンパーランドの一番手前に付いているチップ抵抗を1個取る。

改造後の受信範囲

  • 0.1〜56MHz
  • 76〜164MHz
  • 420〜470MHz

参考となるWebページ

7と3.5の新バンド対応改造は、FT-857と同じです。

アンテナコネクター

HF〜50MHzで1個、144/430MHzで1個。共にM型。

サブメニュー(アライメントモード)

D無しの世代は[A][B][C]の3つを押しながら電源ONで入れたが、D付きの世代ではコマンドが変わったようで設定メニューに入れない。今のところ新しい操作法の情報は見つかっていない。
D付きで設アライメントモードに入る方法がわかったら教えてください。

その他、改造や使いこなしに関するWebページ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-04 (日) 22:51:23 (3243d)