G5RVとは

英国のHAMであるG5RV Louis Varneyが開発したアンテナ。
水平部エレメントと平行フィーダー部で共振させる。
インピーダンスはバンドによって変化するため、アンテナカップラーが必須。

基本設計

g5rvfig1.gif

フィーダー部の電気長(リボンフィーダーを使う場合は82%の速度係数を考慮する)と水平エレメント部の長さの合計が、使用周波数の1/4λの奇数倍にならない条件で動作(電波が乗る)する。
30mバンドはうまく動作しない。このバンドだけ、1/4λの原則に近いためだと思われる。

80m〜10m

  • 水平エレメント部:15.54m(51ft)×2
  • 垂直フィーダー部:10.36m(Open Wire) or 8.5m(Ribbon Feeder)

40m〜10m (HALF SIZE)

  • 水平エレメント部:7.8m×2
  • 垂直フィーダー部:5.2m(Open Wire)

Tips

  • 使用周波数によりインピーダンスが変化するため、平行フィーダー部の特性インピーダンスを気にする必要はない。
  • 平行フィーダー部もアンテナエレメントの一部として動作するため、フィーダーはオープンエアの裸線が理想。
  • アンテナカプラと平行フィーダーの間にはバランを入れる。同時にインピーダンスを上げておいた方が使いやすいかもしれない。(たとえば1:4バラン)
  • 1:4 BALUN
    1-4_BALUN.gif
  • 1:9 BALUN
    1-9_balun.gif

クリエイト730V-1を改造する

  • 既存のバンドはそのまま生かす(トラップはそのまま)
  • 水平部の電気長は7MHzなので、21.43m相当になる。半分は10.71m
  • 残りをリボンフィーダーでまかなうので、15.54−10.71=4.83mを追加する
  • 垂直部は、(10.36+4.83)×0.82=12.46m  

結果

  • ATUはSGC239を使用
  • ATUとリボンフィーダーの間にはFT240-43で作ったソーターバランを挿入
  • ATUと同軸の間にはTDKのパッチンコアを10個(数は適当)
  • ATUのコントロールラインにもコアを10個(数は適当)
  • 1.9MHzはSWR2.5程度だが実用範囲。
  • 3.5/7/10/14/21/24/28でSWR<2でチューニングが取れる。感度と飛びは不満無い範囲。詳細は評価中。
  • 3.5のノイズがマイクロバート比で激減。とてもよく聞こえて飛ぶようになった。
  • 28はチューニングに時間がかかるが使用可能。

添付ファイル: fileg5rvfig1.gif 1426件 [詳細] file1-9_balun.gif 1528件 [詳細] file1-4_BALUN.gif 1570件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-01 (日) 22:47:11 (2606d)