RaspberryPiに乗せるLCDに関するTips

種類について

  • 4インチまではGPIOのSPI接続。
  • 5インチからはHDMI接続。

WaveShare?製のドライバ

LCDを変えたらgitから落とし直して適合する設定をやり直す

例えば3.5インチの設定を行うために./LCD35-showを初めて実行すると、足りないライブラリ等をダウンロードしてきてインストールしてくれる。
ただし、一度やると違うサイズのLCDに変えたときにうまく変更してくれない。
一度LCD-showディレクトリを削除し、gitから取得し直してやり直せば良い。

LCD表示を反転させる(標準はHDMIジャックが向こう側)

  • 3.5インチ
    ./LCD35-show 180
  • 5インチ
    ./LCD5-show 180

タッチパネルのキャリブレーション

  • Stretch以降
    メニューから設定>Calibrate Touchscreenを実行。
    表示された通りに下記ファイルを修正する。 /usr/share/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf

注意

WaveShare?製そっくりのLCDが売っている。安め。
しかし、そっくりさんはWaveshareのドライバが使えず、ドライバを組み込んだ状態のSDカードイメージを使わないと駄目なものがある。
手動でドライバを組むことも出来るがややこしいので、WaveShare?製を入手するのが無難。KUMANのLCDセットは非互換だった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-12 (日) 23:57:12 (259d)