割り付け原則

-0<※1>固定(常置場所)局/固定(常置場所等)のIGATE局/気象局
-1固定(常置場所)の狭中域(Fill−in)デジピーター局
-2同コールサインの2基目のデジピーター局/430MHzのデジピーター局
-3同コールサインの3基目のデジピーター局
-4HFからVHFへのゲートウェイ局
-5固定(常置場所)以外に設置したIGATE局(無人)
-6APRS衛星利用局(SGATE等)/特殊な局
-7(歩行等自力)移動局 ※通常TH−D7,VX−8などのハンディ機運用
-8海上移動局/無線LANを用いた局
-9(動力付)移動局 ※自動車など
-10無線機接続の無いインターネット接続のみの局
-11DTMF通信(APRS−tt等)によるAPRS局/ARHAB<※2>(気球に搭載したAPRS局)
-12携帯機器(可搬PC,スマートフォン等<※3>)によるAPRS局/移動地運用(キャンプ等)
-13(未割当)
-14トラック移動局
-15HF運用局

※1: "-0"はSSID無しを意味しています。
※2: Amateur Radio High Altitude Balloon
※3: 今年になってAPRS−WG(APRS仕様を決めているグループ)が公認した運用形態です

関東地方では、SSID-3をFill-in Digiとしています。
DigiもIGATEも動かしていない固定局のSSIDは0(無し)が好ましいでしょう。

代表的な使い方

固定局

  • 固定局はSSID-0
  • Fill-in Digi局はSSID-3

移動局

  • 車で移動しているときはSSID-9
  • 人力で移動している時はSSID-7
  • 移動先での運用(仮設Digi等)はSSID-12

その他

  • 実験中はSSID-13
    実験中は特に必要が無い場合はRFONLYやNOGATEをデジパスに入れておくとよい。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-24 (金) 13:22:55 (3646d)